ネキシウムは薬局では手に入らない

薬局でネキシウムを購入することはできないの?

薬局でネキシウムを購入することはできません。どうして購入できないのでしょう。

 

薬局でネキシウムを販売していない理由

ネキシウムは、ドラッグストアや薬局で販売されていません。法律により、ネキシウムの取り扱いができる業者を管理していますので、ドラッグストアや薬局では取り扱うことができないのです。

 

基本的にネキシウムを取り扱うことができるのは、病院だけとなっています。万が一、病院以外で、ネキシウムが販売されていれば、ニセモノのネキシウムである可能性が否定できません。仮に、ニセモノのネキシウムではなかったとすれば、なんらかの手違いがあった可能性や違法と知っていながら販売している可能性が考えられます。ですから、正直なところ、このようなお店とは関わらないことをおすすめします。購入するときにトラブルがなかったとしても、後々、思いも寄らないトラブルに巻き込まれてしまうおそれがありますので、立ち寄らないことが賢明です。

 

ネキシウムの取り扱いができるのは病院だけと申しましたが、正確に言えば、病院以外に調剤薬局は取り扱いが可能です。しかしながら、調剤薬局でネキシウムを手に入れるためには、病院の処方箋が必要となりますので、病院は必ず受診しなければいけません。一般のドラッグストアや薬局で購入することはできませんし、処方箋を持たずに調剤薬局を訪れてもネキシウムを手に入れることは不可能です。ネキシウムを入手するためには、必ず病院を受診し、処方箋をもらわなければいけないのです。

 

しかしながら、病院を受診する時間を作ることが難しい人や近くに病院がないので、なかなか病院に行けない人もいると思います。さらに、ネキシウムを処方してもらって手に入れるよりも安く購入する方法がないか調べている人もいるでしょう。

 

このような人のためとも言える、病院を受診しなくてもネキシウムを手に入れることができる方法があります。

 

個人輸入代行でネキシウムを入手しよう

病院を受診する時間がなかなか作れないので、ネキシウムが入手できなくて困っている人や、病院を受診する時間はあるけど、診察代や交通費がかかってしまうので、もっと安く購入する方法がないのかな?と考えている人は、個人輸入代行でネキシウムを購入すれば、病院を受診する時間を作る必要がありませんし、しかも安いのです。

 

個人輸入とは、個人的に日本国内で一般に販売されていない薬品を海外から輸入して、取り寄せる方法です。

 

煩雑な手続きが必要になりますので、手間暇がかかりますが、個人輸入代行業者を頼れば、ネット通販で買い物をするのと同じような感覚で購入することができます。ですから、病院を受診する時間を作れない人でも気軽に利用することが可能です。

 

そして、ネキシウムのジェネリック医薬品を購入すれば、病院で処方してもらって手に入れるよりも安い金額で購入することができます。送料は無料で、通院時にかかっていた交通費が不要になりますので、金銭面でもかなりのメリットを得ることができます。

 

下記に、業者別にネキシウム20mgあたりの価格をまとめていますので参考にしてください。

 

     
122円(激安No1!) 133円 358円
オオサカ堂 ネット総合病院 アイドラッグマート

 

 

見て頂くと明らかですが、オオサカ堂がもっとも安い価格になっています。安く購入できるからといって、決められて以上の量を服用することはやめてください。用法・用量は必ず守るようにしてください。

 

ネキシウムがどんな薬なのか紹介

ネキシウムは、本来は胃腸に入り込んでくるばい菌を殺菌する役目がある胃酸を抑える薬です。
胃が弱っているところへ胃酸が出ると、胃の粘膜にダメージを与えてしまい胃潰瘍や十二指腸潰瘍の原因になったり、胃酸が逆流すると食道を荒らして胸焼けを起こします。

 

胃酸の分泌を抑えることで胃酸の悪い影響をなくすので、胃潰瘍や逆流性食道炎の治りがよくなって胃痛や胸焼けの症状も軽くなります。
アスピリンや鎮痛薬が原因の胃潰瘍にも効果的です。

 

胃炎や胃潰瘍をはじめとした胃病変の原因の筋であるピロリ菌の除菌にも使います。
この除菌では他の2種類の抗生物質と併用し、胃酸を少なくすることで胃の内部で抗生物質の効果がよくなって除菌成功率も上がります。

 

国内では4番目のプロトンポンプ阻害薬でこの系統は他の薬よりも強く胃酸の分泌を抑えます。
治療が難しいとされる潰瘍にも効果的なので胃潰瘍や逆流性食道炎の治療で一番選択されることが多いです。

 

これまでのオメプラゾールの光学異性体でラセミ体のオメプラゾールと比べると血中への移行も良くて、高い血中濃度が得られます。
薬の代謝にも個人差があまりないのでばらつきがない安定した臨床効果が期待出来るとされています。

 

鎮痛薬での胃潰瘍の再発予防にも使えて、プラセボとの比較した試験では非発症率も96%と高いです。
低用量アスピリン療法での予防にも使われています。


http://blog.wingetter.info/ http://www.boatwatchservices.com/ http://www.zazoupub.com/ http://www.substractif.com/